スキマノミカタ

エンタメ・豆知識・季節の話題を中心とした、知識のスキマを埋める為のwebマガジンです。

スポーツ

野老朝雄(ところあさお)の今までの作品は?トコロ柄って?2020年東京五輪新エンブレム採用!

2016/04/28

2020年東京五輪新エンブレム採用に採用された「組一松門」の作者の野老朝雄(ところあさお)さんの今までの作品はどんなものがあるのでしょうか?チェックしてみました!

野老朝雄(ところあさお)のプロフィールと経歴は?2020年東京五輪新エンブレム採用!

不思議なデザイン模様ですが、唐草模様にちょっと似ていて和風な感じがします♪この和風が東京五輪新エンブレム採用のポイントのひとつなんでしょうね!デザインの世界では流行はシンプルなふらっとデザインがトレンドとなっていますし、ちょうど時代にマッチしたのがトコロ柄なのでしょう!

ピクチャ 2

トコロ柄がデジタルプリントされているオーガンジー

ピクチャ 3

フォルクスワーゲンのニュービートルのインテリア担当

ピクチャ 4

絵画と家具の間の人間の為の台座

imgrc0065110876

トコロ柄を使ったオシャレな紙袋

Cg3lnoNUkAAT-zm

横と繋がるデザインですね。子どものオモチャやパズルでも使えそうですね♪

 

あらゆるモノに独自デザインの「トコロ柄」という文字が出てきます。「トコロ柄」とは一体どういう定義なのでしょうか?

新五輪エンブレムは出来レースだった!?理由は審査委員の人選か?

スポンサーリンク

 

トコロ柄とは?

自由に組み合わせることができるようにデザインされてる。横に並べても縦に並べても柄が繋がるという不思議さと面白さもある。それに、本当にきれいで日本の伝統的な美しさを感じられる紋様。

 

野老さんの今までのキャリアがあるからこそ完成された「トコロ柄」。これから色々な所(トコロ)でトコロ柄が見られるようになりそうです♪もしかすると服飾などにも使われるかもですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

-スポーツ