スキマノミカタ

エンタメ・豆知識・季節の話題を中心とした、知識のスキマを埋める為のwebマガジンです。

エンタメ

水野祐プロフィール!出身校や年収は?あのチンポムを担当していた!!【情熱大陸】

2016/11/18

クリエイター専門弁護士という新しいジャンルを切り開いた水野祐(みずのたすく)弁護士が2016年5月1日の「情熱大陸」に出演!最近は東京五輪エンブレムのデザインのパクリ問題でアートに関する法律についても注目が集まっていますね。今回は、クリエイター、アーティストの救世主の水野祐さんについてチェックしていきます!

 

水野祐プロフィール

40f0454e1729edf8a6358633a71d1427

  • 名前:水野 拓(みずの たすく)
  • 生年月日:1981年(35歳)
  • 出身地:神奈川県
  • 学歴:慶應義塾大学法学部
  • 職業:弁護士/シティライツ法律事務所代表

外見も弁護士というよりはアーティスト寄りな水野拓先生。まだ35歳ですが、自信が代表を務めるシティライツ法律事務所を東京都港区に構えています。現在は3人の弁護士で活動されており、求人も募集中です!メディアにも露出し、知名度が急上昇していますので、これからとても忙しくなっていきそうな予感がします。

 

法を駆使して創造性、イノベーションを最大化する【シティライツ法律事務所】

シティライツ法律事務所は、After the Internetのビジネスやカルチャーに対する深い理解を前提としたリーガルサービスを提供する、クリエイティブな法律事務所です。私たちは、法律家としての専門性を当然の前提としつつも、既存の枠組みや固定観念にとらわれない「姿勢」により選択される、個性を持った少数精鋭の法律事務所を志向しています。
シティライツ法律事務所は、2013年1月に設立されました。インターネット、エンタテインメントにおける法務や知財戦略を主な取扱分野としているほか、まだ法やルールが十分に整備がなされていない新しい分野における法務・戦略にも積極的に取り組んでいます。事務所名は、ビートニク文学の発祥の地であり、アメリカ西海岸の知や文化の発信地でもある、サンフランシスコの「City Lights Books」に由来します。街に灯りをともすように、日本のクリエイティブなビジネスやカルチャーを世界に発信してくためのお手伝いをしていきます。

シティライツ法律事務所は、ITまたはクリエイティブなビジネスやカルチャー等に対し、寝食を忘れるほどの情熱をお持ちの経験弁護士、弁理士、公認会計士・税理士のメンバーを随時募集しています。働き方や条件(女性弁護士のテレワークや週3日勤務希望など)は、その方の個性を重視して、話し合って柔軟に決定していきます。

 

水野祐の大学と経歴について

 

水野祐さんが通っていたのは慶応大学法学部。大学在学中に読んだローレンス・レッシグの著書に感銘を受けて弁護士になることを決めたそうです。ちなみにローレンス・レッシングとは、クリエティブコモンズの提唱者です!

 

クリエイティブコモンズとは

作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツール

 

クリエイティブコモンズに関する著書を読んだ水野祐さんは、クリエイターを法律家としてサポートしたいと思い、その時初めて弁護士という職業を目指し始めたそうです。弁護士になるために慶応大学法学部に入った訳ではありません元から頭の出来が違いますね(笑)そして2008年には司法試験に合格し、2013年にはシティライツ法律事務所を開設します!クリエイターを法律面でサポートしたいという夢を実現させた水野さん。クリエイターのための無料法律相談組織「Arts and Law」や「クリエイティブコモンズジャパン」の理事も務めていらっしゃいます!

クリエイターからすると救世主といえるような存在です!東京オリンピックのエンブレム盗作疑惑問題で、佐野さんがパクリだと言われてしまいましたし、音楽でも盗用問題が年に数回は起こっています。ボクもデザインの仕事に長年携わっていましたが、グラフィックデザインにも流行があり、最近はシンプル・フラットデザインがトレンドです。特にシンプルなデザインはどうしても似てくるものです。そんな時に水野祐先生がバックアップしてくれれば、クリエイターも安心できるということですね。

 

水野祐の年収は?

 

mizunotasuku7-500x333

平成27年の「資格別の年収ランキング」では医師に次ぐ2位の弁護士!弁護士の平均年収は1200万円ほどだと言われていますが、弁護士人口が増え続けている昨今、弁護士といえど年収が100万円程度しかない人もいるそうです。水野祐先生はクリエイティブ分野に特化していますのでライバル弁護士も少ないことから、平均以上の収入はありそうですね!テレビに出演されているような有名な弁護士は年収5000万オーバーの人もいらっしゃいますし、現在は3000万前後ではないでしょうか?そして、これからどんどん収入も右肩上がりになるのでしょうね!羨ましいっ!!

 

水野祐の代表的な担当はChim↑Pom(チンポム)

 

mizunotasuku6-500x333

アーティスト集団 Chim↑Pom (チン↑ポム)は2011年に岡本太郎の壁画の脇に新たな作品を勝手に置いて、いたずらだと言われて書類送検されちゃったグループです。このときに水野先生が弁護を担当。彼らの作品の意図をクリエイター目線で的確に読み取り、分析し、刑事弁護で不起訴処分を勝ち取りました!

 

表現の自由との線引きが非常に曖昧で難しいアートの世界において、水野先生のようなクリエイティブの視点からの意見で表現を保護するクリエイティブ専門弁護士はまだまだ需要が増えそうです。

スポンサーリンク

 

あとがき

 

今回はクリエイティブ業界に特化した水野祐弁護士についてチェックしました。2016年5月1日放送の「情熱大陸」に出演されますので是非ご覧くださいね!もしかすると、プライベートの紹介で奥様やお子様も出演するかもしれませんね♪もし、よろしければこの記事を多くの人に知ってもらいたいのでTwitterやFacebookのボタンをポチッと押していただけると嬉しいです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

-エンタメ