スキマノミカタ

エンタメ・豆知識・季節の話題を中心とした、知識のスキマを埋める為のwebマガジンです。

watitoru4-391x500

エンタメ

和知徹プロフィール!年収や経歴、銀座のマルディグラもチェック!

2016/11/18

2016年5月8日放送の「情熱大陸」に和知徹(わちとおる)が出演!

肉料理の達人で彼がオーナーのお店「マルディグラ」は「肉の聖地」とも言われています!今回、和知徹はテレビに初出演という事もあり、彼とお店の知名度も急上昇中ですね!テレビに頻繁に出演している料理人はオーナー自身が広告塔となり集客をしていますが、和知徹の経営する「マルディグラ」はすでに認知されていて、彼自身も肉料理を追求するために世界中を旅しているので本当に珍しいTV出演となりそうです。前回の情熱大陸では猫専門病院の水野祐が出演し、この方もテレビの出演はそうそうない方でした。今回は和知徹についてチェックしていきたいと思います。

和知徹プロフィール

4fd6cc10f5e58ec25030e40e5b5af81a
出典:ツイッター
名前:和知 徹(わち とおる)

生年月日:1967年7月13日(48歳)

出身地:兵庫県淡路島

血液型:A型

学歴:辻調理師専門学校

職業:料理人 (フランス料理)

通称:肉の第一人者

 

まず上の番宣とツイッターの写真のイメージの違いにビックリしました(笑)本当は優しそうな笑顔がステキなオジサマなのに、ツイッターではサングラスをかけてちょい悪オヤジ感を出してます!ちょっとカッコつけてみたのでしょうね♪そしてツイッターは登録してすぐに放置(笑)2013年12月16日に4ツイート目をつぶやいてから音沙汰ナシです(笑)しかも1ツイート目は・・・

カッコつけて英語でお肉への愛をツイート(笑)

活用の仕方が見出せずに放置になったのでしょうね。こういうのを見ると人間味があって親近感が沸いてきます♪

スポンサーリンク

スミマセン話が逸れました。。。

高校卒業後、彼は辻調理師専門学校に進学します。1年後、フランス校でフランス調理の勉強を重ね、ブルゴーニュ地方のランパーニュという一つ星レストランで半年間の研修をされました。

和知徹 経歴

  • 1987年 レストランひらまつ 入社
  • 1996年 ヴィヴァロワ(パリ) 3か月研修
  • 1997年 アポリネール(ひらまつ系列店) 料理長に就任
  • 1998年 グレープガンボに転職 料理長に就任
  • 2001年 独立 マルディ・グラ オープン

料理人として順調に進んで来られています。趣味は音楽鑑賞でフォークロック、CCRやボンイヴェールが好きなんだとか!

レストランひらまつについても調べてみました!

レストランひらまつとは?

絵画のような美しさ、立ち上る薫り高さ、繊細な味わい・・・。平松宏之による"総合芸術としての料理”。その伝統を継承しつつ、シェフ小川大樹が、研ぎ澄まされた自らの感性により表現する、四季折々の美食の世界をお楽しみください。ピクチャ 1

出典:https://www.hiramatsurestaurant.jp/restaurant/

東京・札幌・金沢・名古屋・大阪・奈良・福岡・パリにフランスレストランを中心にカフェ・ホテルなどを展開しています。ウェディングにも対応しているとてもおしゃれなお店ばかりです。

和知徹はこのレストランひらまつでたくさんの実践・経験を積んで来られたのですね〜。

 

和知徹の年収は?

レストラン経営の平均年収は400万円~600万円(経済専門誌・口コミ調べ)と、意外と少ないものです。和知徹はフランス料理で単価は高いですし、出版やセミナーなどのお仕事もされていますから1500万円位と想定しています。和知徹は現在は利益の拡大よりも肉料理の追求を目指しているのでしょうね!10年以上もお店を続けていて、営利が最重要項目であれば複数の店舗の経営をしているハズです。

 

和知徹 結婚してるの?

watitoru4-391x500

 

2016年5月現在、結婚はされていないようです。すごく優しそうな雰囲気でいいパパになりそうなオーラが漂っていますが、肉料理への探求心が強く、1998年から毎年テーマを決めて世界中を旅し、その経験を肉料理に活かすというライフワークですのでなかなか結婚できないのかも知れませんね。雑誌の取材やセミナーの公演、カフェのメニューのプロデュースなどなど、仕事が多岐にわたる和知徹。レシピ本の監修まで手がけています。

51GwZT8T4aL

出典:https://www.amazon.co.jp/

銀座マルディ グラのストウブ・レシピ 和知徹シェフのワールド・ビストロ料理

マルディ・グラの場所・メニュー・平均予算は?

ピクチャ 3

出典:http://hitosara.com/0006054191/

銀座の地下1階にひっそりとたたずむ、肉の聖地。入り口からして高級感があり、オシャレです♪

銀座の名店【マルディグラ】は骨太で豪快な料理が魅力のフレンチです。なかでも和知徹シェフの代名詞といえば、肉料理。焼いただけ、煮込んだだけという実にシンプルな調理の中に、その肉塊が持つ滋味を極限まで引き出す技が集約されています。シェフ曰く「素材の良さを引き出して、それ以外の余計なものは引き算していくんです」。言葉では簡単に聞こえますが、それこそが素材選びから妥協のないシェフの信念。時に産地へ出向き、生産者と語り、飼料にまで気を配り、そうして店で扱う素材を決定。ひとつの食材にとことん向き合うことで、シェフが言う引き算の料理は完成するのです。

マルディグラ 詳細

所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目6−19 野田屋ビル B1F 新橋駅 徒歩3分

電話 03-5568-0222

定休日 日曜日

平均予算 ディナー:10000円

 

マルディグラ メニューベスト3

肉の巨匠が生み出す、豪快かつインパクト抜群のメニューがずらり!!

ピクチャ 1

ブラジルからヒントを得た『尾崎牛モモ肉のイパネマステーキ』 ¥3,900

ブラジル・イパネマ海岸で味わったステーキをヒントに考案。フェイジョアーダ風の丹波の黒豆も美味。

 

ピクチャ 2

前菜からがっつり肉を味わいたい人には『イベリコホットドッグ』 ¥2,850

自家製のイベリコ豚のソーセージを使った新作。特注のパンもまた、こだわり抜いた逸品だ。

 

ピクチャ 3

味わうほどにネギが持つ甘みが広がる『下仁田ネギのロースト』 ¥900

調理としては焼いただけ。下仁田ネギの旨みを楽しむひと品は、シンプルに塩で。

 

マルディグラ ワインへのこだわり

0006054191E2

ワインは和知徹がおいしいと思うものを流動的にリストアップしています。料理に負けない味わいを中心に、自らが美味しいと思うものを中心にセレクト。2014年の6月にサンセールを訪れた現在は、サンセールのワインが充実しているそうですよ。

 

マルディグラの詳しい情報はコチラです。

※駐車場は近隣の地下にコインパーキングがあります。

 

 

今回は肉料理の達人、和知徹のプロフィール、年収や経歴ついてチェックしました。2016年5月8日放送の「情熱大陸」に出演されますので是非ご覧くださいね!もし、よろしければこの記事を多くの人に知ってもらいたいのでTwitterやFacebookのボタンをポチッと押していただけると嬉しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

-エンタメ