スキマノミカタ

エンタメ・豆知識・季節の話題を中心とした、知識のスキマを埋める為のwebマガジンです。

片鼻呼吸法

季節

五月病の治し方や対策・予防に片鼻呼吸法!快眠効果も有り!

2016/11/28

やる気が出ない・寝付きが悪い・日中ぼーっとする・・・そんな症状には片鼻呼吸法が効果抜群だと話題になっています!ヨガの呼吸法で寝る前にするだけで快眠・頭もスッキリ、五月病対策にもなるそうです!

スポンサーリンク

快眠には交感神経と副交感神経のバランスを上手くとることが大切です。ヨガの呼吸法にはリラックス効果やストレス緩和の効果があるので寝る前に片鼻呼吸法を取り入れることによって意識的に副交感神経にシフトさせます。現代人は忙しい毎日を送る中で交感神経に偏りがちなのでこの方法は非常に効果的です。さらに、脳の活性化だけでなく全身の血管にも作用するので血液循環をよくし、動脈硬化の予防にも効果があるといわれています。

この片鼻呼吸法は、一酸化窒素が健康に有効だという研究がノーベル生理学医学賞を受賞したことから、別名「ノーベル呼吸」とも呼ばれています。

一酸化窒素について

一酸化窒素は鼻の粘膜から常に放出されているそうです。この一酸化窒素が鼻の奥にある嗅神経を刺激すると、嗅神経から脳内の視床下部へと刺激が送られ、ここから血管拡張の指令が全身に送られて動脈硬化の予防に繋がるのです。

片鼻呼吸法の仕組みは?

片側の鼻だけで呼吸する→鼻の粘膜でつくられる一酸化窒素が効果的に脳に働きかけるようになる→血管が拡張されて脳にグングンと酸素栄養が送られてくる!という仕組みらしいです。

 

朝の目覚めが良いと一日頑張ろう!という気持ちにもなれますよね!快眠効果がある片鼻呼吸法とはどんな方法なのでしょうか?

片鼻呼吸法のやり方

  1. 両鼻の穴を手でふさぐ。
  2. 右の鼻を開けて息を吸い込む。
  3. 右鼻をふさいだら左鼻を開けてゆっくりと息を吐く。吐ききったら息を吸い込む。
  4. 左鼻をふさぎ、右鼻をあけてゆっくりと息を吐く。

※この1セットを1日20回行う。

たったこれだけ!めっちゃカンタンです♪ヨガの呼吸法と聞くと難しそうなイメージだったのですがこれなら誰でも簡単にできますね!実際にボクも試そうとしたのですが花粉症のせいで鼻が詰まっていてできませんでした(泣)代わりに「寝つきが悪い」と言っていた職場の女の子に教えて実践してもらったのですが、

 

「すぐ寝られた!朝もスッキリ起きられた♪これホント凄いです!!」

 

と、呼吸法が凄いんだけど、なんかボクが褒められているかの様な反応だったので効果はバッチリみたいです(笑)

「左右の鼻呼吸を交互に行なう」ことで自律神経が調整され、イライラの抑制や快眠にもつながるといわれています。脳と鼻腔の位置が近いので、ヒートした脳を冷やす効果もあるそうですよ!寝る前に片鼻呼吸法!是非一度お試しください♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

-季節