スキマノミカタ

エンタメ・豆知識・季節の話題を中心とした、知識のスキマを埋める為のwebマガジンです。

スポーツ

ワウリンカと錦織の過去の対戦成績は?デルポトロより相性は良い!

こんにちわ!renoだよ!2016年全米オープンテニスの準々決勝で錦織圭選手が世界ランキング2位のアンディ・マレー選手をフルセットで勝利して話題になっていますね。普段テニスを見ないボクの上司も知っていて驚きました(笑)

準決勝では世界ランキング3位のスタン・ワウリンカ選手と対戦します。ワウリンカ選手と錦織選手の今までの対戦成績はどうなんでしょうか?ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

スタン・ワウリンカ プロフィール

  • 生年月日: 1985年3月28日 (31歳)
  • 出身: スイス ローザンヌ
  • 身長: 183cm
  • 体重: 81 kg
  • 利き腕: 右利き
  • グランドスラム勝利数(シングルス): 2回

スタニスラス・"スタン"・ワウリンカは、スイス・ローザンヌ出身のチェコ系スイス人の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーではシングルス14勝、ダブルス2勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス88位。身長183cm、体重81kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。(ウィキペディアより)

日本の殆どのメディアでは

ワウリンカ選手って呼ばれているけど

外国では「バブリンカ」の方が

発音は近いみたいです。

 

イケメンだし結婚しているのかな?

と、調べてみると

2015年4月に離婚歴がありました。

 

そして現在の彼女はテニスプレーヤーの

ドナ・ベキッチ選手。

クロアチア出身の20歳の美女です。

%e3%83%89%e3%83%8a%e3%83%bb%e3%83%99%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81

ちなみに現在のランキングは106位(2016年9月)

%e3%83%89%e3%83%8a%e3%83%bb%e3%83%99%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%8103

美しさではシャラポワを完全に超えてますね。

ワウリンカと錦織の対戦成績は?

全米オープン準決勝で対戦する

ワウリンカ選手と錦織選手。

過去に5回の対戦しています。

 

ワウリンカ選手が3勝

錦織選手は2勝

 

一番最近の対戦は

今年のロジャーズカップの準決勝で

2016年7月30日(土)に対戦していて、

錦織選手がストレート勝ちでした。

 

だからと言って錦織選手が

有利とも言えませんが

実力の差は殆ど無いレベルです。

 

ちなみに錦織選手と

デルポトロ選手の

過去の戦績は

錦織0-4デルポトロ

でした。

 

本人もデルポトロとは

やりたくないかもって

言ってましたね(笑)

 

ワウリンカの3つの強み

世界ランキング3位の

スタン・ワウリンカ選手。

 

錦織が注意すべきポイントは

ワウリンカ選手の早いサーブと

片手での強烈なバックハンド、

フルスイングのフォアハンドです。

 

それって全部やん(笑)

まぁ、世界ランキング3位ですからね。

 

ラスボスレベルに強いんです。

 

サーブ

ワウリンカ選手のサーブは

最速222km/h(世界7位)

しかも他の選手よりもトスが低いから

タイミングが合わせづらいんです!!

 

片手バックハンド

片手バックハンドと言えば

フェデラーが一番有名ですが、

ワウリンカ選手は

「現役で片手バックハンドが一番うまい選手」

と言われる程です。

スライスで守らず、攻め抜く所は

錦織選手と大きく異なる所ですね。

 

フルスイングフォアハンド

ワウリンカ選手と対戦する

選手はやはり強烈なフォアを

嫌ってバックに返します。

 

しかし、ワウリンカ選手は

片手でも強烈なバックハンドで応戦し、

バック側に来た

甘いボールに回り込んで

強烈なフォアで

エースを取る事が多いんです。

 

豪快なプレースタイルなので

ミスも多いですが、

いつも見応えのある

試合をしてくれます。

スポンサーリンク

 

ワウリンカの弱点は?

ワウリンカ選手に弱点はありません。

弱点という弱点が無いから

世界ランキング3位にまで

上ってきているのですから(笑)

 

もし、あるとするならば

メンタルとスタミナと

言われてきましたが、

先日の試合を見ていても

調子は良さそうですし、

メンタル・スタミナ面も

スキは無いように思えます。

 

あとがき

ワウリンカと錦織の

過去の対戦成績は

ワウリンカ3勝・錦織2勝で

直近の対戦では

錦織が勝っています。

 

テニスに限らずですが、

その時の調子・感覚・相性で

ゲームの流れが変わるので

どちらが有利とは言えませんが、

日本人として錦織選手は

精一杯頑張って悔いの無い

試合をしていただきたいです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

-スポーツ