西田敏行と妻、寿子夫人の馴れ初めは?献身的に支え続けた半生

2016年2月、自宅のベッドから転倒し、頸椎亜脱臼で入院していた西田敏行さん。4月19日に手術を受けたものの月末に胆のう炎が発覚し5月12日に摘出手術を受けていました。約4ヶ月間にわたる入院生活では常に寿子夫人が付き添っていたといいます。今回はいつも西田敏行さんを支え続けている妻の西田寿子さんについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

西田敏行と寿子の馴れ初め

出会い

西田敏行さんは22歳(1970年)の時、青年座俳優養成所を卒業し青年座座員となりました。翌年の1971年には主役に抜擢されたのですが、その後はしばらく不遇の日々を送ります。いわゆる下積み生活ですね。

この下積み時代に、西田敏行さんは研究生として青年座に入ってきた4歳年下の寿子さんに一目惚れしてしまいます。寿子の読みは「かずこ、ひさこ、としこ」のどれかは不明です。スミマセン。。。そして数ヶ月後には寿子さんのアパートで同棲を始めるのです。西田敏行さんが24歳、寿子さんは20歳の時でした。

下積み時代を支える寿子さん

彼女の家に転がり込んで俳優を目指す一劇団員と言うとヒモっぽいですよね(笑)実際、この同棲をきっかけに寿子さんは劇団を辞め、下積み生活を送る西田敏行さんのために仕事を始めたのです!西田敏行さんは稽古を、寿子さんは仕事の日々で数年を過ごしたのでした。

寿子さん自身、研究生として青年座に入ってきているということは彼女も女優を志していたはず。彼女は自分の夢よりも西田敏行さんを選んだのです。愛は盲目とも言いますが、ここまでしてくれる彼女に恩返しができるよう「俳優として絶対に成功させてやる!」と西田敏行さんの決意がさらに固くなったに違いありませんね。

入籍・出産・ブレイク

そして1974年8月、二人はめでたく入籍します。2年後の1976年7月には長女も誕生。さすがに家族3人で寿子さんが借りていたアパートの部屋では狭いので、世田谷区内の家賃35,000円・2Kのアパートに引っ越しました。

新たな愛する家族が増えた西田敏行さんはちょうどこの年にレギュラー出演した番組で注目を集め、見事ブレイクを果たします。翌年1977年(昭和52年)には『特捜最前線』に出演。同年10月に4,000万円でマイホームを購入!たった1年でマイホームです!!どれだけ人気が爆発したか、容易に想像できますね♪

1978年(昭和53年)にはあの有名な『西遊記』に出演。と、その後は映画・ドラマ・歌手・CM・バラエティと大活躍で俳優としての地位を築きました。

ここまで活躍できたのは妻が下積み生活を経済部分でサポートしてきたからこそです。長女を出産し、収入も安定しはじめた時、西田敏行さんは寿子さんに「育児が一段落したら女優の勉強を再開してもいいんだよ」と言いました。しかし寿子さんは何があっても西田敏行さんを支え続けると決めていて、断ったそうです。

2003年、自宅で心筋梗塞のため倒れた時も寿子さんが懸命に看病し、1ヶ月もかからずに退院・復帰しています。

夫を信じ続け、それに応えた西田敏行さん。寿子さんに対して今でも感謝の気持ちを持ち続けているそうですよ♪心が温かくなるエピソードですよね。この半生を本人出演の映画にして欲しいです。

 

西田敏行の入院で寿子さんの献身的な姿

5月下旬、西田敏行さんが入院する病院へ向かう姿を週刊誌が目撃しています。

午前11時過ぎに車を走らせた彼女の手には、4つもの大きな紙袋が。復帰へ向けてリハビリに励む夫のため、寝巻の替えや好物の食べ物などを持参してきたのだろう。そして6月1日も、西田の車椅子を押していた寿子さん。向かった先は、病院内にあるリハビリ室。そこで1時間ほど励んだ西田は、夕方4時過ぎになって再び寿子さんといっしょに出てきた。

夫人に車いすを押してもらいながら向かったのは、近くのコンビニ。店内に車いすを止めると、寿子夫人は急いで買い物をすませていく。普段からコミュニケーションが取れているのだろう。一連の動作は、あまりに自然だった。そして再び病棟へと帰って行く途中、主治医らしき男性とすれ違った際に寿子さんが丁寧に挨拶をする姿が印象的だった――。

現在、西田敏行さんは番組への復帰だけでなく「この先、公開予定の大作映画の撮影も開始されている」そうで、寿子さんも喜んでいるに違いありませんね♪

スポンサーリンク

西田敏行の激痩せの真相は糖尿

西田敏行さんが急に痩せたと言われ始めたのは2015年2月の映画『マエストロ!』の舞台挨拶でのことです。前後して放送されたドラマでも頬がこけていて話題となっていました。その為、「クスリをやっているのでは?」などという噂まで流れる事態に発展した事は記憶に新しいです。そこに2016年の清原逮捕が絡み、「長期入院はクスリ抜きの身隠れの為」とまで噂されるまでに。。。

この激ヤセの真相について、寿子夫人が取材に応じてこのように語っています。

「痩せたのは頸椎亜脱臼、胆のう摘出手術のほかにも、糖尿の傾向があったので病院の方で制限食を摂らされていたんです。それで、自然と痩せたんです。10キロぐらい痩せたので、膝への負担なども少なくなって本人は『身が軽くなった』と喜んでいます(笑)。退院後も食事は減塩食にしているんです」

入院すると、普段の自主的な制限よりも厳しくなりますからね。リハビリの運動と相まって急激に痩せてしまったのですね。と、なると2015年の激ヤセは何だったのでしょう?昨年も減塩食の影響だったのですかね?

2016年6月3日、復帰後初収録の「探偵!ナイトスクープ」の収録ではすこし肉付きも戻ってふっくらとしたお顔の西田敏行さんがいらっしゃいました。

ちなみに2003年に心筋梗塞を患ったとき、西田敏行さんはダイエットで激ヤセしています。

それまでは肉食中心の生活で1日80本も吸うヘビースモーカーでした。しかし、入院中に吉永小百合さんから「タバコだけはやめてね、西やん」と書かれていた手紙の言葉に一念発起し禁煙。100kg近くあった体重も82kgまで減量に成功しているのです。

最近は芸能人のクスリ事件が多いせいか、少し痩せただけでもすぐに疑われますし、疑われればプライベートでも記者が張り付く事もあるでしょうし、本当に大変そうです。。。

大物俳優Xは西田敏行!?清原の逮捕で供述した内容とは?

あとがき

いかがでしたか?今回は西田敏行さんと妻、寿子さんの馴れ初めについてご紹介しました。

これまで寿子夫人と二人三脚で数々の困難や病気を乗り越えてきた西田敏行さん。あと15年は稼がせて貰いますと公言していましたし、ナイトスクープはボクも大好きで欠かさずに見ています♪西田敏行さんの涙でもらい泣きする事もよくあります(笑)これからもお体には気をつけてご活躍していただきたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です