インフルの時の食事レシピはコレだ!予防にも効果的な栄養素とは?

例年、冬になると猛威を振るうインフルエンザ。特に2016〜2017年にかけては、広まるのが遅かったせいか、爆発的に広がり、学校閉鎖にまでなってしまうところも出ています。

いざ、インフルにかかってしまうと、高熱が何日も続き、食欲もなく、とりあえず薬を飲んで寝ていたいという気分になりますよね。でも、少しでも早く元気になるにはやっぱり栄養のある食事を摂る事が重要です。

そこで、今回はインフルにかかった時の栄養価の高い食事をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

インフルの時の食事のポイント

インフルエンザにかかってしまうと、喉も腫れて痛いですし、食欲が沸きません。食欲が落ちているのは胃腸の動きも弱っている事もありますので、無理して食べると消化不良を起こすことも考えられます。まずは無理せずに食べられそうなものを食べるようにしましょう。

また、インフルエンザは下痢や吐き気もありますので脱水症状にも気をつけなければなりません。スポーツ飲料や麦茶、白湯などで水分を補うことも大切です。

インフルの時の食事のポイントは、

  • 食べやすいもの
  • さっぱりしたもの
  • 水分も摂れるもの
  • 栄養価の高いもの
  • 消化が良いもの

この5つの条件が揃っているものがベストです。私が子どもの頃にインフルエンザになってよく食べさせてもらっていたのは、ゼリーやヨーグルトとおかゆが多かったです。

喉を通りやすいという理由で温かいうどんを食べる人もいますが、うどんは実は消化に良い食べ物ではありません。しっかりと噛めば消化は早いですが、うどんはツルッと喉を通ってしまうので他の食材よりも噛む回数が少ないのが原因です。うどんを食べる際にはしっかりと噛んで食べるようにしましょう。

摂っておきたい栄養素と食材

インフルエンザで体力が低下しているときに摂るべき栄養素とオススメの食材をご紹介します。

ビタミンA

ビタミンAは鼻や喉の粘膜を助け、ウィルスへの抵抗力を高めるはたらきがあります。このビタミンAが多く含まれる食材は卵・レバーや、牛乳・チーズ・バターなどの乳製品です。

ビタミンB群

ビタミンB群は発熱すると失われやすい栄養素です。豚肉・卵・海苔などに多く含まれています。

ビタミンC

ビタミンCは体の抵抗力と抗酸化作用を高めてくれる栄養素としてメジャーですよね。じゃがいも・さつまいも・みかんなどの柑橘類に多く含まれます。

ビタミンE

これも抵抗力を高める栄養素です。かぼちゃ・大豆・植物油に多く含まれています。

硫酸アリル

あまり聞き慣れない栄養素のひとつですが、体の抵抗力と抗菌作用を高めてくれる栄養素です。にんにく・ニラ・たまねぎなどに含まれています。

カテキン

緑茶や紅茶に含まれていることで有名な栄養素ですね。カテキンは抗ウイルス作用や抗菌作用があります。

ムチン

納豆・おくら・長いもなどのネバネバに含まれるもので、気管や消化管などの表面を守り、免疫機能を高めてくれます。長いもは、抗インフルエンザウィルスを活性化させるタンパク質を含んでいると言われています。

これらの栄養素・食材を使って、インフルの時に食べると良いレシピを紹介します。

そうめん入りあったか野菜スープ

出典:https://erecipe.woman.excite.co.jp

スポンサーリンク

 

材料 4人分

  • 卵 2個
  • じゃがいも 2個
  • 長いも 2個
  • かぼちゃ 100g
  • たまねぎ 2個
  • おくら 2本
  • 片栗粉 適量
  • だし汁 600ml
  • 醤油 小さじ2杯
  • 酒 小さじ4杯
  • みりん 小さじ2杯
  • そうめん 160g

レシピ

  1. 鍋にだし汁を入れて火にかけ、あらかじめ切っておいた野菜を入れる
  2. 別の鍋でそうめんを茹でておく
  3. 鍋が沸騰したら片栗粉を適量まぶす
  4. 溶いた卵を入れる
  5. 野菜がやわらかくなったら茹でておいたそうめんを入れる
  6. 醤油・酒・みりんで味付けて完成

この「そうめん入りあったか野菜スープ」なら摂っておきたい栄養素の全てを摂ることができ、消化にも良いです。片栗粉でとろみをつけて冷めにくくしているのもポイントです。

もちろん、インフルにかかっていなくてもOKですし、何よりも体の免疫力を高められるインフル予防食としても最適です。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です