動画ゲッターの使い方と違法性|YouTubeがダウンロードできない理由とは?

ぼんじゅーる♪renoです。GoogleChrome(グーグルクローム)とFirefox(ファイヤーフォックス)の拡張機能(アドオン)「動画ゲッター」はネット上のあらゆる動画を無料でダウンロードできる最強のプラグインとしてかなり有名です。しかし、世界一の動画サイト「YouTube」には非対応なんですよね。もちろんYouTubeがダウンロードできない理由があるんです。今回はそんな「動画ゲッター」の使い方や違法性について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

動画ゲッターとは

動画ゲッターは2013年にGoogleChromeのプラグイン(拡張機能)として公開されました。TokyoLoader(2017年6月サポート停止中・ダウンロードはできます)というインストールタイプの動画ダウンロードソフトの製作者が手がけています。

もともとTokyoLoaderは自分のためだけに作ったダウンローダーだったのですが、あまりに使い勝手が良かったので、少し手を入れて公開しています。との事。

それをさらにインストール不要で、しかも無料でいろんな動画がダウンロードできるようにしてくれたので本当にありがたいプラグインですよね♪

YouTubeがダウンロードできない理由

TheDigitalWay / Pixabay

そんなありがた〜い動画ゲッターですが、YouTubeはダウンロードができない仕様となっています。

基本的にYouTubeは動画のダウンロードに関して「No」と言っています。一部のダウンロードサイトに対しては忠告も出しているほどです。

reno
YouTubeの動画がダウンロードされると著作権の問題やアクセス不要で動画が見れるようになるわけだから、そりゃYouTubeはダウンロードはされたくないもんね。

そのYouTubeは2006年にGoogleに買収されたため、Googleのグループ会社となりました。要するにGoogleが提供しているインターネットブラウザのChromeでYouTubeの動画がダウンロードできると非常にマズイって訳ですね。

reno
でもYouTubeのダウンロードなら他に色んなダウンロードサイトがあるから動画ゲッターでダウンロードできなくても困らへんよね。むしろその他の動画サイトから手軽にダウンロードできるありがたみの方が大きいわ。

動画ゲッター対応サイト

動画ゲッターが対応している代表的なサイトをまとめました。ここには書いていないマイナーなサイトも自動で動画を検出してくれるシステムなので希望のサイトが載っていなくてもまずは試してみる事をオススメします。

ニコニコ動画 ひまわり動画
AniTube Youku
Tudou(土豆) Pandora.TV
Dailymotion Xhamster
Xvideos FC2
miomio SayMove!
Veoh B9DM

などなど、対応サイトは100以上もあるとの事。YouTube以外のメジャーなサイトは基本的に問題なくダウンロードできます。

動画ゲッターのインストール方法

①まずはこちらから動画ゲッターをインストールします。ChromeとFirefoxどちらでもOKです。今回はFirefoxで説明しますね。画面中央の拡張機能をインストールをクリックしインストールを実行します。

②インストールが完了するとブラウザのメニューバーの右端に下の矢印アイコンが追加されます。これでインストールは完了です。動画をダウンロードする準備は整いました♪

動画ゲッターの使い方

①動画ゲッターは通信の多いファイルを動画として自動検出し、抽出する仕組みですので、まずはダウンロードしたい動画を再生させます。今回はニコニコ動画でやっていきますね♪

②動画は再生させたままで、ブラウザの右上の動画ゲッターのアイコンをクリックすると動画の可能性が高いファイルが表示されます。

複数見つかった場合は動画のサイズを見てみましょう。例えば2は動画のサイズが3MBと、かなり短い動画だと考えられますよね?となるとCMの可能性が高いです。大抵重い方が希望の動画ファイルです。もしわからなければどちらもダウンロードして後で確認でもOKですけどね。という事で今回は1をクリックします。

③ダウンロードの確認ウィンドウが表示されるのでファイルを保存をクリックします。するとダウンロードが開始されます。

reno
ボクはMACだからこんな表示だけどWINも基本は同じだと思います。

ちなみに動画ゲッターは動画ファイルがMP4形式であれば音声だけのファイルを取り出せます。ブラウザ右上の動画ゲッターのアイコンをクリックし、出てきたページを下の方へスクロールしてみてください。拡張子はm4aですが、音楽プレイヤーでMP3と同様に再生することができます。

ダウンロードできない場合は?

ダウンロードしようと思ったら「ファイルが見つかりませんでした」と表示され、ダウンロードできないケースもあります。ブラウザを再起動し、やり直すとできることもありますが、それでもダウンロードできない場合は別の方法でダウンロードした方が早いです。

そんな時はOfflibertyがオススメです。海外サイトですがシンプルなサイトで、あらゆるサイトに対応しています。動画や動画から音声ファイルをmp3で抽出もできるのでオススメです♪

スポンサーリンク

動画ゲッターに危険性や違法性は?

ar130405 / Pixabay

ボク自身、これまで動画ゲッターを使って危険な目に会った事はありません。また「動画ゲッターを導入してウィルスの危険に晒された」などの話も聞いた事がありません。

そもそも動画ゲッターの作者は元々は自分が使うためにTokyoLoaderを作っていますし、それをより使いやすくして動画ゲッターを公開しているので危険性がある方がおかしいです。

今では動画ゲッターはうん十万人のユーザーがいますし、危険性があればすぐに拡散されるはずです。むしろ動画ゲッターはプラグインという特性上、ポップアップなどの広告すらありません。

ですので安心して利用できます

ただ、危険性は動画ゲッターを利用するあなたの使い方に左右されますよね。ダウンロード目的でよくわからない怪しいサイトを訪れて架空請求がきたり、違法アップロードされたアニメなどをダウンロードすれば違法性に問われる事になります。

違法にアップロードされた動画はもちろんですが、「この動画はダウンロードしても大丈夫なんだろうか?」と少しでも疑問を持ってしまう動画はダウンロードしない方がご自身のためにも良いと思いますよ。

あとがき

今回は「動画ゲッター」についてまとめてみました。2017年6月現在、動画ゲッターは問題なくダウンロードできていますが、この秋からGoogleChromeにおいてFlashが無効化されます動画サイトの多くがFlashにより動画を再生していますが、今後はHTML5による動画再生に移行するものと考えられます。そうなると動画ゲッターが使えなくなってしまう可能性もあります。

reno

ちなみにボクは↓を使ってるから大丈夫なんだけどね♪

・・・・大丈夫なんだろうか?ちょっと不安になってきた。。。

ま、ダウンロードできなくなったらまた新たなサイトやソフトをご紹介しますね!といったところで今日はこの辺で。あでゅー♪

mp4・mp3変換ダウンロードサイト関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です