アニソンの高音質ダウンロードが無料でできるサイトまとめ[MP3保存厳禁]

スポンサーリンク

ぼんじゅーる♪renoです。海外のサイトには日本の大量のアニソンがまるで倉庫のように置かれていて無料でダウンロードできてしまうサイトがあります。現在の日本では考えられませんよね。日本のアニメは海外でも人気で「ジャパニメーション」という言葉まであるほどですから海外でアニソンも受け入れられているんでしょう。

日本では著作物の法整備もしっかりとされている方だけど、海外はまだまだなところもたくさんあります。海外のサイトは日本の法律の範囲外な部分も多いので日本サイドから「著作物だから配布しないで!」と言ってもなかなかすぐには対応してもらえないんですよね。

そんな状況なので、現在も日本のアニソンが高音質で無料ダウンロードできるサイトがたくさんあります。中には更新頻度が高く、最新のアニメソングまであるサイトも!今回はそんなアニソンの高音質ダウンロードが無料でできるサイトについてご紹介しますが、ダウンロードを推奨している記事ではありません。このようなサイトからのダウンロードはやめましょう!という注意喚起の記事なので勘違いしないでくださいね!

スポンサーリンク

THE HYLIA

THE HYLIAは2005年から運営されている老舗サイトです。アニソンだけでなく、アニメ動画やサントラなどがあり、その数なんと7万曲オーバーで9512GBにのぼります。月間アクセス数は2700万アクセスで約15%が日本からのアクセスとなっています。

reno
ボクが唯一オススメできるサイトです。というのも、ここは視聴ができるからです。

アニソンがダウンロードできるサイトは基本的に視聴不可で、ダウンロードのみできる仕様のサイトが大半を占めています。それらのサイトにアクセスするということは、違法アップロードされたアニソンをダウンロードするためにアクセスしていることになります。

しかし、THE HYLIAは視聴ができます。違法アップロードされた動画や音声ファイルをダウンロードすることは法に触れる行為ですが、視聴のみであれば問題ありません。

reno
かといってオススメできるものでもないのですけどね。

音質もかなり良いですし、懐かしいアニソンもたくさんあります。一度聴き始めると色々と探したくなってしまいます♪

HIKARI NO AKARI

HIKARI NO AKARIは2014年4月から運営されており、月間アクセス数は約500万アクセス!そのうちの約4分の1が日本からのアクセスです。

reno
サイト名「HIKARI NO AKARI(ヒカリノアカリ)」が日本語やし。。。海外にある日本のサブカルチャーサイトってとこですね。

それにしてもこのサイトはヤバいです。メニューが半端ない!アニメのサントラ、J-POP、歌い手、ボカロ、同人誌、声優、ゲームとかなり幅広く取り扱っています。

また、使い方も簡単なことも人気の要因ですね。ページごとにMP3ダウンロードボタンが3つくらいあります。中にはダウンロードにパスワードが必要なものもあるのですが、パスワードもちゃんと書いてあります。ただし、ポップアップの広告やウイルスの警告の広告などはちゃんと(?)出てきます。

reno
ダウンロードファイルにグーグルドライブを使っていることもあります。

※トラックリストを書いていてくれているのですが、ダウンロードの前に視聴することはできません。

Utanimeost

Utanimeostは2016年1月から運営されているサイトでostとは「Original Sound Track」の頭文字からとったものです。決して日本向けに作られたサイトではないのですが、「uta(歌)」「anime(アニメ)」「ost(オリジナルサウンドトラック)」のサイトと捉えることができますね。

月間アクセス数は20万アクセス前後で、日本からのアクセスは60%ほど。

reno
日本からは毎月120万人がこのサイトを利用している計算ですね。良いことではないんですけど。。。

2016年1月運営スタートとは思えないほど大量にアニソンがあります。また、アニソン以外にもボカロ、ニコ動歌い手、声優、ゲーム音楽、アイドル、J-POPなどもあります。特にゲームのサントラ、アニメ映画のサントラなどはたくさんあります。

ダウンロードが簡単でマイナーな曲もそこそこあるしアーティスト検索もできる部分に定評があります。しかし、視聴することはできず、完全にダウンロードする人向けなので国内からのアクセスはあまりオススメできません。

Anime Music

AnimeMusicは2015年10月から運営されているサイトです。2017年に入ってから日本で急激に知名度があがり、月間アクセス数500万のうち、約半数が日本からのアクセスとなっています。

reno
最新のアニメソングも毎日アップロードされているのですが、ダウンロードまでの道のりが長く、ポップアップウィンドウが自動で開く広告が大量に仕掛けられています。

広告の仕掛けを回避できる人向けのサイトですね。しかし、こちらも視聴はできず、ダウンロード専門サイトなのでアクセスするのは自己責任でお願いします。

Anime-Sharing Lossless

2009年から運営されているサイトで月間アクセス数は約10万ほど。アクセスの3割が日本からとなっています。

現在、更新はほとんどされていないのですが、アニメのサントラを中心に、かなりの数のアニソンのダウンロード先をリンク付きで紹介しています。ブログ形式なのでさかのぼって見ていく。。。なんてことをしていたらキリがないので検索ボックスに「ローマ字」入力で探すという方法になります。

Música Anime MP3

Música Anime MP3は2009年から運営されていますが、直近の月間アクセス数は6000ほどしかありません。というのも、サイトの言語がイタリア語なのでわかりづらいし、使いづらいという事と、2015年8月から更新が止まっていて最近のアニソンが置かれていないからです。他の使いやすいサイトがたくさんあるのでそっちにアクセスがどんどん流れている状態です。おまけにサイトが重いです。。。それでも興味のある方は↓のボタンよりどうぞ。

Shinnoden!

Shinnoden!は2011年11月より運営され、毎月200万アクセスあるサイトです。そのうちの約150万アクセスが日本からとなっています。

ブログ形式のサイトで現在も更新はされていますので最新のアニソンもそれなりに揃っています。また、アニソン以外にもサントラ、声優関連も置いてあります。サイドバーに検索窓と一覧があるのでそこからタイトルを探すスタイルです。

このサイトも視聴はできない仕様で、広告収入目的のサイトなのでダウンロードするまでにたっぷりと広告の仕掛けに遭遇します。

アニメはコアなものが多いのではっきり言うとオタク向けのサイトです。

FAIRY MUSICS

2014年11月より運営されているサイトで、現在は更新されておらず、放置状態になっています。そのため、月間アクセスは5000以下。

アニソンと声優に特化していて特典CDなどかなりマニアックな音楽が置いてあります。アップ数自体が少ないので目的の音楽が見つかる可能性は極めて低いと思います。アップされているタイトルは

  • アイドルマスター
  • ラブライブ
  • 弱虫ペダル
  • 声優CD

これらが比較的多いです。

これらのサイトの危険性は?

TheDigitalWay / Pixabay

以上8つのサイトをご紹介しましたが、無料でダウンロードができるサイトというものは、アクセスを集めて広告収入を目的としているサイトがほとんどです。そのため、クリックすると別ページに飛ばされたり、「ウィルスが侵入しました」などの表記でクリックを誘導するタイプの広告が出てきたりする事が度々あります。しかし、これらのサイトのアクセス自体に危険性はありません。

問題なのは冒頭でも触れたように、ダウンロード行為の方です。

有償著作物をダウンロードすると「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科」の可能性が出てきます。著作権侵害は親告罪なので、もし著作者が訴えて、証拠が残っているとほぼアウトです。もちろん有償著作物を許可なしにアップロードしている方も罪を問われる事になります。

ですのでアニソンだけに限ったことではありませんが、有償著作物のダウンロードファイルが置いてあるサイトは潰れては新たなサイトが立ち上がり、また潰れては立ち上がる・・・といういたちごっこの状態なんですよね。つい先日もアニソンがダウンロードできるサイト「Yuuki Anime」が閉鎖されました。

reno
真面目な話、アニメ業界の経済状況はあまり芳しくないですし、ファンであれば応援のためにもちゃんと購入して支援してあげて欲しいと思っています。

皆さんも悪用厳禁でお願いしますね。といったところで今日はこの辺で。あでゅー♪

スポンサーリンク