YouTubeのCM広告を消す・ブロックする方法!非表示でスマホもPCも快適に動画を楽しめる!

ぼんじゅーる♪renoです。YouTubeを見ようとすると、いきなりスキップできないCMから始まるのってウザいですよね。長い動画の場合、途中でいくつも広告動画がありますし、運営する上では仕方がない事ですが正直「なんとかして自動でスキップや非表示にしたい!」と思う人はボクだけじゃないはずです。ということで、今回はYouTubeのCM広告を消す・ブロックする方法をiPhone・androidなどのスマホとパソコンのどちらも分かりやすくご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

YouTubeの広告の種類

YouTubeの広告は場所やサイズ、秒数により様々なパターンがあります。

スキップできる動画広告

5秒間広告が流れ、その後スキップができるようになる広告です。一番よく見る動画広告ですね。好きなYouTuberの動画を見る度に流れるとめちゃめちゃウザいやつです。

スキップ出来ない動画広告

スキップ機能無しで強制的に30秒のCMを見せられる動画広告です。頻度で言えばそこまで多くはないですが早く見たいのにこれが入っているとイライラしてしまします。長い動画の中にあるとウザさ倍増ですよね。

スキップ不可で6秒流れるバンパー広告というものもあります。

オーバーレイ広告

PCで動画を見ていると画面下段にちょこっとでてくる広告です。×ボタンクリックで消すことはできますが、テロップがあるのにコイツが出てくるとかなりウザいです。

ディスプレイ広告

次の動画に紛れてサイドバーの上部に表示されています。ひとつの動画を見ているだけだとそこまで煩わしくはないですが関連動画や次の動画を探すときにちょっと邪魔に感じる事があります。

他にもスポンサーカード、マストヘッド広告などがありますが、実際に動画を見る際には頻度が少ないですし、気になるレベルではないかと思います。

reno
これらの広告をブロック・非表示にするとYouTuberの収入はなくなってしまうけど、広告を消したいと思う人はYouTubeを見る人全員ではないし、そこらへんは大目に見て欲しいよね。ってことで許してYouTuberの皆さん!

YouTubeのCM広告を消す・ブロックする方法[PC]

knerri61 / Pixabay

まずはパソコンでYouTubeを見るときの広告を非表示にする2つの方法をご紹介しています。

Chromeで広告を非表示する

Choromeには後から自分の好みに合わせて機能を追加することができる「拡張機能」というメニューがあります。Chromeを持っていない人はあらかじめインストールしておきましょう。

ブラウザ右上の「・・・」アイコン→その他のツール→拡張機能をクリックし、最下段の「他の拡張機能を見る」でChromeウェブストアに移動して・・・と手順はあるのですが説明と自分のChromeとにらめっこは面倒だと思いますのでコチラから一気にジャンプしちゃってください。

ジャンプすると上の画面が表示されますので右上の「Chromeに追加」のボタンをクリックします。

再確認されるので「拡張機能を追加」をクリックするとインストールが始まります。

インストールが終わると「お支払方法」の文字が見えてビックリする人もいるかと思いますが、これは寄付の依頼ページですのでそっ閉じでOKです。もちろん寄付していただいても問題ないですけどね。

では実際にYouTubeの動画を見てみましょう!今回は「はじめしゃちょー」の動画で説明しますね。はじめしゃちょーの動画は本編前にスキップできるCM広告が入っているのですが、ページにアクセスした瞬間から本編が再生されました。

上の画像の右上のAdBlockのアイコンに「18」の数字が表示されています。これは18個のCM・広告をブロックしている事を指します。効果は抜群ですね♪

スポンサーリンク

webサービスの「Listen on Repeat」を利用する

Chromeの設定すらめんどくさいって人にオススメの方法がwebサービス「Listen on Repeat」を利用する方法です。

長時間動画や作業用BGMとしてYouTubeを利用していると、途中でCMが入ってきて「せっかく集中していたのに・・・」なんてこともあるかと思います。「Listen on Repeat」はその名の通り、リピート再生してくれるサービスですが、オマケとして広告をカットしてくれる機能がついています。

まずは見たい動画のURLにアクセスし、アドレスバーの「youtube」を「listenonrepeat」に打ち換えてサイトを移動します。

「listenonrepeat」のサイトに移動したら、後は再生ボタンを押すだけ!

たったこれだけでChlomeの設定も不要で広告は非表示になりカットされます。再生が終わると自動でリピートされるので作業用BGMを流す際にはもってこいなサービスです♪

YouTubeのCM広告を消す・ブロックする方法[iPhone/android]

次はスマホでYouTubeを見るときの広告非表示方法です。最初に断っておきますが「YouTube」の公式アプリでは絶対に消すことができません。

reno
自ら収入源を断つなんてことはやらないよねw

では、2つの方法をご紹介します。

ブラウザを使って動画を見る

safariやChromeで動画を検索し、いざ見ようとするとYouTubeアプリに切り替わって再生が開始されるか、アプリへの移動を促されると思います。YouTubeアプリが入っているとそうなっちゃうんですよね。

上の画像の様に画面上部に「YouTube Appで開く」とあるのですが、これをスルーして再生します。これだけでほとんどの広告は非表示になります。

reno
逆に言えば、YouTubeのアプリで動画を見てくれないとYouTuberの収入にならないって事っすね。

たったこれだけでかなりの効果があるのですが、一部の広告は残ってしまいます。広告は全てなくしてしまいたいって人はもう一つの方法をオススメします。

reno
現在、配信停止中のスマホ用ウェブブラウザアプリ「Mercury Web Browser Pro」。このアプリはたった¥120(無料の時期も有り)で全ての広告を非表示にしてくれるスグレモノです。たまにアプリストアでチェックしてみてください。公開が再開されて無料でダウンロードできれば儲けものですよ!

スポンサーリンク

アプリをインストールして広告を非表示にする

パソコン版で紹介した「AdBlock」のアプリ版「AdBlock for Mobile(iTunes)」や「Adblock Browser Android版(GooglePlay)」など、広告ブロックアプリは無料でいくつかあるのですが、これらを入れると動きが遅くなり、かなりもっさりします。そんな中でも比較的サクサク動いて効果もあるのが

この2つのアプリです。これらを導入して、safariやChromeで動画を見れば快適です。

reno
広告ブロックアプリを入れても「YouTube」のアプリで見ると広告は表示されるから注意してね!

あとがき

という訳で今回はPCやスマホでYouTubeのCM広告を消す・ブロックする方法をご紹介しました。将来的にはYouTubeの広告非表示はできなくなるかもしれません。あるいは国外でサービス中のYouTubeRedのように広告非表示プランを有料で出してくるかもですね。

メディアと広告は切っても切れない関係です。地上波のテレビが無料で見られるのはCMスポンサーのおかげですからね~。まぁ、広告全てがつまらない・ウザいものばかりではないし、コンテンツの一部として受け入れて楽しむってのも一つかも知れませんね。

それでは今回はこの辺で。あでゅー♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です