スキマノミカタ

エンタメ・豆知識・季節の話題を中心とした、知識のスキマを埋める為のwebマガジンです。

toto-1024x535-1

エンタメ

とと姉ちゃん13話のあらすじと感想まとめ《第3週 4/18》

2016/11/18

朝ドラ「とと姉ちゃん」2016年4月18日(月曜日)放送

第2週「常子、はじめて祖母と対面す」

とと姉ちゃん13話あらすじ

 

君子は娘三人に自分の過去について

 

語り始める。

 

 

常子たちの祖母の名前は

 

青柳滝子という名で、

 

東京の深川にある老舗の

 

材木商「青柳商店」の女将。

 

君子が幼いときに父が

 

他界してからというもの、

 

母の滝子が青柳商店を切り盛りし、

 

女手ひとつで君子を育てた。

 

君子は青柳商店の跡取り娘として

 

厳しいしつけを受け、

 

結婚相手までも滝子が選び、

 

強引に結婚させようとした。

 

しかし、その時すでに竹蔵に

 

想いを寄せていた君子は

 

初めて母に反発する。

 

滝子は「だったら出て行きな!」と

 

突き放し、それ以来、君子と滝子は

 

絶縁状態になり、竹蔵と共に

 

浜松にやって来たのであった。

 

 

これが君子が娘たちに

 

両親は亡くなっていると

 

言った理由である。

 

 

しかし、金銭的に困窮した現在、

 

君子は悩み抜いた結果、

 

滝子に手紙を書き

 

常子たちの学費の援助を求めたのだった。

 

頼る宛もなく藁にもすがる想いで

 

綴った手紙。

 

返事は当然ないと承知していたものの、

 

なんと滝子から

 

「荷物をまとめてこっちにおいで。」

 

という

 

返事が返ってきたというのである。

 

 

安堵する常子たちだったが、

 

すぐに重大な事に気づく。

 

この浜松から東京に引っ越しをする。

 

ということに。

 

君子は娘たちが賛成してくれたら、

 

と付け足すものの

 

三姉妹は当然の話に戸惑ってしまう。

 

 

その日の夜、三姉妹は寝室で話し合うと、

 

美子が東京にはおいしいものがある事を

 

知ると身を乗り出して行くと決断する。

 

 

まだ見ぬ祖母や新しい生活に

 

不安を感じる三人だが、

 

東京に行くことを決めるのであった。

 

 

夏休みに入り、

 

早速引っ越しを始める事になった小橋家。

 

荷物を全て運び出した後、

 

空になった家の中で

 

浜松に別れを告げるのであった。

 

 

つづく。

とと姉ちゃん13話を見た感想者のツイッターまとめ

  • 今日のとと姉ちゃんで、とと姉ちゃんがととを思い出して、部屋の中を見渡す時、とても寂しげで、宝物を思い出すような表情が見ていて、胸が締め付けられた(ノД`)
  • はー。じんわりと涙出る。ととと暮らした日々を想って、その思い出を慈しんで、家に別れを告げる。小さく呟かれる常子の「ありがとうございました」。それらが丁寧に描写されているから、本当にぐっとくる。
  • 「いつ失くすかわからないから毎日の暮らしを大切に」というととの考えがちゃんと伝わってるんだよね。貝殻の思い出も柱の傷もご飯の思い出も。
  • 家具のなくなった家で思い出に浸る小橋家のシーンで誰も畳のフチを踏まないで歩いてるところに感動した。地味だけど大事なこと
  • 鞠子は気が回って思慮深くて好き。おいしいものが食べたいから東京に行くというよっちゃん、時には子どもの単純さが解決になる
  • 実家に帰るのに、家財道具を全部送るのは変な感じやな。同居するんやないん?
  • 一応、賃貸なんだよね?柱に傷つけていいの?

細かなご指摘に「確かに!」と

思ってしまいますね。

 

次回もお楽しみに☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

-エンタメ