とと姉ちゃん14話《第3週 4/19》のあらすじと感想まとめ

朝ドラ「とと姉ちゃん」2016年4月19日(火曜日)放送

第3週「常子、はじめて祖母と対面す」

とと姉ちゃん14話あらすじ

 

竹蔵との大切な思い出が

 

詰まった浜松を旅立つ日。

 

玉置三兄弟の茂雄、正雄、幹雄や

 

幼なじみにお別れの挨拶を済ませる。

 

 

 

三姉妹は、君子とともに

 

汽車に乗って東京に向かう。

 

出発前、鉄郎が慌てて汽車に

 

乗り込んで来る。

 

突然現れた鉄郎は、

 

小橋家が引っ越すことを知り、

 

一緒に東京へ行く。と。

 

 

 

常子たちは東京、深川の木場に

 

たどり着く。

 

君子の実家のあるこの地は

 

江戸時代から材木問屋が集まり

 

栄えた町である。

 

大量の丸太が浮かぶ

 

見慣れない風景がつづく中、

 

小橋一家は君子の実家、

 

老舗の材木商「青柳商店」に到着する。

 

 

 

「君子おじょうさんじゃありませんか!」

 

青柳商店の番頭、

 

隈井榮太郎(くまいえいたろう)が

 

声をかけ、感激のあまり涙を流す。

 

隈井は、君子を幼い頃から世話をしていた

 

一人なのである。

 

 

 

つづく。

 

 

とと姉ちゃん14話を見た感想者のツイッターまとめ

  • そして鉄郎叔父さんが置いてけぼりにならなくて良かった!笑 きゅうり食べて座ってる叔父さんを怪訝な顔で見ながらおにぎり食べてる鞠子とよっちゃんが良いですね。きゅうりポリポリ叔父さん可愛い・・・ 最後はお美しいラスボス感あふれるお母様。FF8のイデア感ある
  • 三兄弟の次男三男が「行っちゃうのか………」に対し鞠子とよっちゃんは「じゃ!ばいばーい」っていうのが大変良かったです。なんの未練もない感じが
  • 今日のとと姉ちゃんの遠州弁も変。「淋しくなるにー」の言い方が特に。昔と今は違うんかな
  • なるほど。東京はカメラアングルが上から。法被の黒い色のなかにカラフルな着物と洋服っていう対比もおもしろい。
  • ゆったりした展開、悩みながらも奮闘する主人公。 前作は展開早めの行動派の主人公。 どっちがいい悪いじゃなく、個性だよね。 多種多様なヒロインが見れるのが朝ドラのいいとこ。
  • 元々が女所帯でととが亡くなってからは尚更男の人が映らなかった浜松。おじさんか三兄弟か社長さんくらい。引っ越したら木場の荒々しい男所帯へ可憐なかかと三姉妹がやってくる。なかなか面白い展開。

そういえば初回より方言の違和感が指摘されていましたね。ボクは関西なので違和感全くないのですが、大阪弁のドラマを見て違和感を感じるのと同じで、微妙なイントネーションや使いどころがあるんですよね~。ここらへんも忠実にしてくれたらもっと完成度が高くなるんだと思いました。

 

次回もお楽しみに☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です